衛生マット・除菌タイプ
衛生マット・抗菌タイプ

ダスキン衛生マット(除菌タイプと抗菌タイプ)に関するよくある質問をQ&A方式でご紹介します。是非ご参考にしてください。

除菌タイプについてよくある質問

マットに専用除菌剤を散布して使用する、「除菌タイプ」に関するご質問です。

除菌効果に関して


抗菌タイプは、靴裏の雑菌をホコリと共に捕獲し、捕獲した菌が増えるのを防ぐ働きがありますが、除菌タイプはマットに捕獲した菌を除菌します。また、その作用時間は、抗菌タイプが数時間から24時間で抗菌効果を発揮するのに対し、除菌タイプでは、十数秒の接触で効果を発揮します。


除菌剤の効果は「殺菌」や「消毒」と表現出来ません。「殺菌」「消毒」「減菌」など効果効能を表現する言葉の使用は、薬事法で定められた「医薬品」または「医薬部外品」に限られます。このマット及び、除菌剤はどちらもこれたに該当しないため、効果説明では「高い除菌効果を有します」や「効果的に菌数を減らします」などの表現をします。

除菌剤に関して


皮膚に触れるのは避けてください。「衛生マット・除菌タイプ用除菌剤」は、「手指消毒剤ウエルパスマイルド」や「殺菌消毒剤オスバン(他社製品)」などと同様の成分(塩化ベンザルコニウム)を使用しておりますが、濃縮タイプであるため触れると肌に影響を及ぼします。取り扱う際は、ビニール手袋をはめ、直接手で触れないようにご注意ください。


抗菌効果は、除菌剤の濃度に影響します。水が掛かって除菌剤が希釈されると効果が落ちますが、少量の水がかかる程度であれば、抗菌効果は持続します。大量に水が掛かった場合は、希釈液を散布することをお勧めします。


衛生マット・除菌タイプ用除菌剤以外は掛けないでください。市販の殺菌剤の中には、塩素系の薬剤などマット素材に悪影響を与えるものが多数あります。市販の殺菌剤によっては、マットに掛けるとマットパイルが抜けたりして、お客様にご迷惑をお掛けする可能性があるので、ダスキンで用意している専用の除菌剤をお使いいただくようお願いします。他の薬剤を使用した形跡が認められましたら、事前連絡後、出荷を停止する場合がございます。


開封、未開封に関わらず1年を目安としてください。希釈液の保管期間は約2週間を目安としてください。


ダスキン衛生マット・除菌タイプ以外には掛けないでください。他のマットは常時水に濡れる環境での使用に耐えられません。他のマットへ除菌剤を使用した形跡が認められましたら、事前連絡後出荷を停止する場合がございます。

マットに関して


約50×90㎝の1サイズのみです。マットを踏んで通行するのは施設の従業員の方に限られます。入室の際に手を洗うのと同じように、マット上で静止して靴裏を除菌するということも教育(お願い)できるので、1サイズのみの展開になっております。台車やワゴン類の車輪に関しても、直径15㎝までのものが大半ですので50㎝幅で十分対応できます。


マットカラーはグリーングレーのみです。ダスキン衛生マット・除菌タイプは除菌剤を散布して使用するため、汚れが非常に付着しやすくなっています。そのため、汚れが目立たないマットのカラーとしてグリーングレーを選定させていただきました。


2週間での交換をお勧めします。ダスキン衛生マット・除菌タイプには毎日除菌剤を散布することにより、除菌効果が持続します。しかしながら、汚れの蓄積は防ぐことができません。汚れが蓄積した状態で使用を続けると、除菌剤本来の性能が発揮できません。また、保水性も低下し、除菌剤の使用量も増えてしまいます。定期的にマットを交換洗浄することで安心してご使用できます。


病院の感染症病棟などには設置しないでください。除菌剤は高い効果を有しますが、ウイルスによっては効果が無いものがあります。また二次感染の危険性がありますので、お勧めしません。


ダスキン吸塵・吸水マットをお願い致します。吸水性、保水性の高いダスキン吸塵・吸水マットをご使用いただくことで、靴裏に着いた除菌剤の持ち出しを防ぐことができます。

抗菌タイプについてよくある質問

抗菌吸着剤の働きで、取ったホコリの中の細菌の繁殖を制御する「抗菌タイプ」に関するご質問です。


従来のマットのパイル面に塗布している吸着剤にも抗菌剤を配合しておりますが、吸着剤自体の防腐を目的にしているため、除去したホコリの中に含まれる細菌の増殖を抑制することはできません。しかし、ダスキン衛生マット・除菌タイプのパイル面に塗布している吸着剤には、除去したホコリの中に含まれる細菌の増殖を抑制するとこができる抗菌剤を配合。さらに、従来のマットよりも吸着剤を多く塗布しています。


土砂の多い外部からの入り口・水分や油分の多い厨房の出入口なでで現場テストをした結果、2週間後も抗菌効果が全く変わらないことが確認できています。


少量の食用油であれば、マット表面に付着しても抗菌効果に変化はありません。


米国のFDA(食品医薬品局)で許可された安全性の高い抗菌剤を使用しています。認可区分は「食品を包装する紙・紙板等の製造材料」です。


素足で使用される場所では使用しないでください。抗菌吸着剤は、FDAで許可された安全性の高いものですが、素手や素足で触れた場合に傷口に染みたり、人によってはかぶれる等の可能性があります。また、工場での加工に際しても手袋着用を義務づけています。そのため、素足で利用される場合では、ダスキン素足専用マットがおすすめです。